【本井建築研究所】会社概要

商号  株式会社 本井建築研究所 一級建築士事務所
代表者  代表取締役 本井 公浩
公式サイト  https://motoi-arc.jp/
所在地  神奈川県綾瀬市小園629-6
TEL/FAX  0467-67-8637/0467-67-4825
法人設立  2010年7月7日

 

【本井建築研究所】事業内容など

事業内容 建築に関する調査,企画,設計及び監理
ランドスケープに関する調査,企画,設計及び監理
家具,プロダクト製品の企画,設計及び制作販売
建築サイン,建築グラフィックの企画,設計及び制作
不動産土地探しにおけるコンサルティング及び不動産仲介
企業向け建築ブランディング戦略の企画及び立案
地盤調査,真北測定,地積測量及び家屋調査の手続代行
前各号に附帯する一切の業務
登録許可 神奈川県知事登録 第15665号
神奈川県知事許可(般-2)第87561号
加入保険 建築家賠償責任保険(東京海上日動火災保険株式会社 )
従業員数 シニアアーキテクト :1名(一級建築士 )
ジュニアアーキテクト:1名(二級建築士)
アソシエイトスタッフ:1名(宅地建物取引士)
パートナースタッフ :1名(一級建築士)

 

 

 

 

本井建築研究所・MESSAGE

光や風、自然を扱う建築手法やシンプルで繊細な美意識や精神性は、今も尚 私たちの日常をより豊かなものへと導きます。大切に長く使える安全性と進化するテクノロジーに呼応した機能性を基本に、クライアントが一生をかけて愛情を注入することのできる品格と趣のある建築空間の創造を目指し、時代の潮流を捉えた新しい切り口で価値のある建築デザインをご提案します。

 

本井建築研究所・SPIRIT

本来、建物は敷地形状や方位、風向きなどの立地環境を考えて創るものです。立地環境を問わない商品化された建築物の多くは可変性に乏しく寿命が短く我国特有のスクラップ&ビルドの悪循環を今も尚つくり出しています。近年、様々な分野で環境への取組みが始まっています、建築物もまた総合的な環境を考え、構造的に長寿命で、空間的に可変可能でユニバーサルなものに変わってゆく必要があります。本井建築研究所では可変性を重視した構造と自由な間取りを基本コンセプトに異なる視点でアプローチしています。結果的に明るく風通しの良い建築物は住みやすく、また 使いやすく長持ちします。建築家と建物を建てるということは使い手を第一と考えたものづくりの思考でクライアントの思いや希望を反映した唯一無二の空間を創造することだと考えています。愛着のある靴や鞄のように経年変化を趣と感じ、リペアを施し世代を超えて建築空間自体が文化的に経済的に豊かな未来を創造するものと考えているからです。

 

本井建築研究所・BENEFIT

設計施工一貫型では施工(工事)を踏まえた総合的な計画となるためクライアントの細かな要望に対応できない部分が多々あります。設計施工分離型ではクライアントの要望を中心に建築士による専門的な視点で設計アプローチを行います。設計時の打合せや検討には時間を要しますが、細かな要望に対応した建築計画が可能です。また設計事務所が設計監理を施工と独立して行うため、建築士は第三者の立場で厳正に現場の不正や施工方法をチェックできます。これにより設計施工一貫型では得られない建築物の品質確保が可能です。

 

【司法書士法人 静岡】法人概要

名称  司法書士法人 静岡 (旧三岡司法書士事務所)
所在地  静岡県静岡市葵区二番町1番地の9
電話番号  054-251-2681 / フリーダイヤル 0120-714-316
公式サイト  https://www.office-mitsuoka.com
司法書士紹介  三岡 賢吉 (みつおか けんきち)/三岡 陽 (みつおか よう)

 

【司法書士法人 静岡】アクセスなど

公共交通機関をご利用の場合 静岡駅下車 → 静鉄バス5番のりば 南藁科線乗車→
屋形町バス停で下車 → 徒歩1分(北へ50m程)
駐車場 駐車場完備(6台可)
営業時間 午前8:30~午後5:30 (月~金)
電話受付時間 月~金 8:30~18:00

 

 

 

 

 

【司法書士法人 静岡】について

・昭和48年司法書士三岡賢吉が静岡市新富町にて三岡司法書士事務所開設。
・昭和55年静岡市葵区二番町に事務所移転。債務整理事件、不動産登記関係の仕事をメインに活躍。
・平成14年司法書士三岡陽が入所。以後、債務整理事件、登記事件の他、一般民事事件を多く扱っています。 現在、司法書士2名、補助者4名というメンバー構成で頑張っています。
・平成22年【司法書士法人静岡】に名称変更。

 

【債務整理】とは?

借金問題解決のため、司法書士・弁護士等の専門家が行う手続きを「債務整理」と言います。借金問題解決の方法として「借金一本化、おまとめローン」といった広告を目にしますが、これらを使うと多くの場合、引き直し計算(下記参照)を経ずに返済することになるため、借金総額は減らず問題はほとんど解決しません。借金問題解決には専門家による債務整理が一番の特効薬です。「借金一本化」等の甘い言葉に流されず、まずは当職の無料相談をご利用ください。

 

【相続】とは?

誰にでも「死」は訪れます。そのときに備えて自分の財産の処分方法を考えておく人、死んだ後のことは残された者たちで考えれば良いと思う人など人は 様々です。しかし、死んだ後に遺産をめぐって争いが起きたとしたなら、それは悲しいことです。そのようなことが起こらないためにはどうしたら良いか。或 は、何の方法もとらないまま死んでしまった人の遺産をどのように分配すれば良いか。それが相続の問題です。

相続の問題には遺産の分配の問題もあれば、遺言書をどう書きどう保管するかなどのこともあり、また先祖の供養の問題も、中には、相続人である人の所在が分からないなどの問題もあるでしょう。

このような問題を解決するのが我々専門家です。